現在位置:

ギックリ腰の治療

2019年1月14日 症例別はり治療 [RSS][XML]

鍼治療がはじめての男性、70代の場合の治療についてご紹介します。

症状:
荷物をもったときに急に腰に強い痛みが出て来院。
ベッドで寝て横を向くのもやっと。

治療:治療回数は2回で終了しました。

ギックリ腰など急に強い痛みが出た場合は当院では緩やかな治療から考えます。
緩やかな治療とは、ツボに鍼を浅くあて、体の回復を早めるようにします。
治療での痛みは、ほとんど感じないくらいです。
今回の患者様は初めての鍼灸治療でしたが、お尋ねしても治療での痛みを感じることはありませんでした。
当院の治療は痛くないので安心して治療を受けることができますし、さらに緩やかな鍼治療は治療の経過がとても良いです。

感想

注意して頂きたこと!

急な痛みの場合、痛いところをもみほぐしたりはしないでください。
ギックリ腰になったらまずは楽な姿勢で静かにしているほうが悪化を最小限にできます。グリグリ押したり、ほぐしたりと強い刺激を与えると痛みが緩和されたように感じますが、急な痛みは炎症などが考えられるので経過がかえって悪くなることがあります。

患者様からよく聞くのは痛くなった時に人にもんでもらったとか、いままでしていないのに急にストレッチなど曲げ伸ばしをしたとか聞くことがありますが、次の日の悪化の原因になっている可能性も考えられます。

ギックリ腰は非常に強い痛みですが治療を開始してから早めの回復が期待できますので、早期の復帰、治癒ができるように努めております。

更新情報TOP